あがり症改善プログラムの内容・方法

【児島弘樹】あがり症改善プログラム 実践者の声!

あがり症改善プログラムの内容・方法をまとめました。

児島弘樹さんのあがり症改善プログラムの内容や方法はどうなっているのでしょうか?
短期間で効果が実感でき、評判も上々なのでどんな内容になってるのかが気になりますよね。
児島弘樹さんのあがり症改善プログラムの内容や方法をまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

あがり症改善プログラムの内容

児島弘樹さんの『あがり症改善プログラム』は、

あがり症の根本的な原因に、メンタル面とスキル面からアプローチしていくことで、

心理的なアプローチを取りながら、知識やスキルも同時に学んでいく方法です。



これまでの多くの教材や本では、テクニックを重視した方法が多かったので、

「深層心理面を強化しながら」という点は、非常に説得力があると思います。



メンタル編



1.はじめに
2.催眠療法(ヒプノセラピー)
3.1日たった15分聞くだけであがり症を改善!ヒプノセラピー(催眠療法)特別音声ファイル
4.あがり症をひどくする考え方、改善する考え方
5.あがり症を改善する考え方を習慣化する方法
6.緊張をその場で解消する方法
7.自分で緊張を解消できる心理療法
8.人前で話すスイッチの作り方
9.人前に出るときのマインドセット


メンタル面では、心理セラピーの現場でも実際に行われている催眠療法を用いた方法を行っていきます。

この催眠療法は、普段まったく意識していない潜在意識に働きかけることであがり症を改善していく心理療法です。

そして、あがり症以外でも、うつ病や引き篭もり、ネガティブ思考や人間関係の改善などにも効果があります。

このことで、集中力が高まったり、自信が回復したりとさまざまな良い結果が生まれます。

この『あがり症改善プログラム』では、あがり症に特化した催眠療法の音声が配布されるので、この音声を1日15分くらい聞いてあがり症を改善していきます。




スキル編


1.今すぐ論理的にわかりやすく話せるようになる公式
2.あがり症を改善する原稿作成法
3.呼吸法
4.人にいい印象を与える方法
5.声
6.声のための口周りトレーニング


スキル面では、会話する時の話し方に焦点をあてた内容になっています。



あがり症の方は、
基本的な話し方のスキルが身に付いていないことが原因で緊張してしまうパターンが非常に多いです。


その為、ここでは自分の言いたい事を分かりやすく相手に伝える為に、

論理的に話せる方法

緊張すると声が出にくくなったり震えたりするのを防ぐ方法

滑舌をよくする方法

これら社会で今すぐ通用する実用的なスキルが解説されています。


あがり症改善プログラムの内容



このように、メンタル面とスキル面からアプローチすることで、
あがり症の根本的な原因から改善していくことが出来る
児島弘樹さん『あがり症改善プログラム』



あなたも1度試してみませんか?
↓  ↓  ↓






【児島弘樹】あがり症改善プログラム 実践者の声!のTOPへ
FX